【参院選2022】国民民主党緊急追加公約発表「電気代を下げます」


国民民主党は26日、「電気代の高騰が続く中で家計負担を軽減するため『再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)』の徴収を一定期間停止することで電気代を1割引き下げを行うこと」を第26回参議院議員通常選挙の追加公約として発表した。

 この公約が実現すれば、現在約2.7兆円となっている再エネ賦課金の国民負担分が軽減され、世帯平均で1年あたり約1万円の電気代の値下げとなる。財源は政府が現在計上している予備費の中からの捻出を検討する。

《詳細は、党本部HP》

【参院選2022】国民民主党緊急追加公約発表「電気代を下げます」 | 新・国民民主党 - つくろう、新しい答え。 (new-kokumin.jp)